風俗も接客業であることを忘れない

風俗という業種は少し特殊ではありますが、お客さんと接する仕事であることに変わりはないので、基本的には接客業となるわけです。そのため、もし風俗で働きたいと思っているのであれば、接客業であることを忘れないようにしましょう。

最低限の接客スキルは求められる

一般的な風俗店であれば、そこまで高い接客スキルが求められることはありません。そもそも、利用するお客さんは女の子と楽しくプレイいたいと思っているので、お堅い接客になってしまうと逆効果になってしまいます。そのため、親しみを感じられるような雰囲気で接客をすれば問題ありません。

ただ、それでも最低限の接客スキルは求められます。しっかりと挨拶をする、笑顔で明るく対応する、嫌な顔をしたりやる気のない対応をしないなど、当たり前のルールはしっかりと守らないといけません。

会話やコミュニケーションが苦手でも問題はない

接客業であることから、会話やコミュニケーションに長けてなければ、風俗で働くのは難しいイメージがあります。しかし、挨拶や明るい対応などの基本がしっかりとできていれば、会話やコミュニケーションが苦手でも何も問題ありません。キャバクラと違ってプレイの方がメインとなるわけですから、無理にこちらから積極的に話す必要はありませんし、お客さんから話しかけられた時に、笑顔で対応すればいいのです。

一生懸命であれば悪い印象を持たれることはない

風俗という仕事は、真面目に一生懸命働いていれば、悪い印象を持たれることはまずありません。会話が苦手だったり、プレイが少しぎこちなかったりしても、一生懸命な姿勢を見せることによって、お客さんも良い印象を持ちますし、また指名をしたいと思うものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です