風俗も接客業であることを忘れない

風俗という業種は少し特殊ではありますが、お客さんと接する仕事であることに変わりはないので、基本的には接客業となるわけです。そのため、もし風俗で働きたいと思っているのであれば、接客業であることを忘れないようにしましょう。

最低限の接客スキルは求められる

一般的な風俗店であれば、そこまで高い接客スキルが求められることはありません。そもそも、利用するお客さんは女の子と楽しくプレイいたいと思っているので、お堅い接客になってしまうと逆効果になってしまいます。そのため、親しみを感じられるような雰囲気で接客をすれば問題ありません。

ただ、それでも最低限の接客スキルは求められます。しっかりと挨拶をする、笑顔で明るく対応する、嫌な顔をしたりやる気のない対応をしないなど、当たり前のルールはしっかりと守らないといけません。

会話やコミュニケーションが苦手でも問題はない

接客業であることから、会話やコミュニケーションに長けてなければ、風俗で働くのは難しいイメージがあります。しかし、挨拶や明るい対応などの基本がしっかりとできていれば、会話やコミュニケーションが苦手でも何も問題ありません。キャバクラと違ってプレイの方がメインとなるわけですから、無理にこちらから積極的に話す必要はありませんし、お客さんから話しかけられた時に、笑顔で対応すればいいのです。

一生懸命であれば悪い印象を持たれることはない

風俗という仕事は、真面目に一生懸命働いていれば、悪い印象を持たれることはまずありません。会話が苦手だったり、プレイが少しぎこちなかったりしても、一生懸命な姿勢を見せることによって、お客さんも良い印象を持ちますし、また指名をしたいと思うものです。

自由出勤なので働きたい時に働ける

風俗で働く利点の1つに、自由出勤という点をあげることができます。つまり、自分が働きたいと思った時や、都合のいい日時だけ働くことが可能となっています。それによって、学生やフリーターから社会人まで、いろんな人たちが働いているわけです。

多くの仕事はシフトに縛られる

例えば学生が何らかのアルバイトをする場合、大半の仕事はシフトで縛られることになります。そうなると、学業やサークル活動に力を入れたくても、あるいは友達と一緒に旅行をしたいと思っても、アルバイトのシフトによって融通が利かなくなることも多いでしょう。

しかし、風俗なら自分の好きな時に出勤できるため、学生生活の方を優先させながらお金を稼ぐことができます。また、好きなタイミングで辞めることができるため、ある程度しっかりと稼いだら就職活動や国家試験などの勉強に専念できるでしょう。

社会人にも最適な副業となる

同じように社会人にとっても、風俗は最適な副業になってくれるでしょう。学生よりも自由に使える時間は限られていますし、急な残業が発生することもあるでしょうから、尚更シフトに縛られるのは厳しいです。

それでも、本業だけの収入だけでは苦しい人も多いでしょうし、そんな時に風俗の仕事はとても有難い存在になってくれます。都合のいい日に働くことが可能なので、本業との両立も容易となっています。

短期間だけ働くこともできるので

風俗業界は慢性的に人手不足となっているので、短期間だけでも働ける人は大歓迎されます。したがって、例えば長期休暇中だけ働くこともできますし、お金が必要になったことから1ヶ月間だけ働くのもOKです。好きなスタイルで勤務できるのも、風俗だからこその魅力と言えます。

自分に合ったジャンルの風俗で働きたい

もし風俗で働くことを考えているなら、自分に合ったジャンルのお店で働くのが望ましいです。やはり、少しでも自分にマッチした環境で働いた方が長続きするでしょうし、精神的な負担も小さくなると思います。

ファッションヘルスは安心して働くことができる

ファッションヘルスは、いわゆる店舗型のヘルス風俗となっており、札幌でも多くの求人が募集されています。お店にある個室内でプレイすることになるため、ホテヘルやデリヘルと違って常にスタッフが近くにいる状態となります。そのため、安心して働くことできるというメリットがあります。

オナクラや性感エステは負担が小さい

風俗のジャンルの中でも、オナクラや性感エステは負担の方が小さくなっています。基本的にはハンドサービスのみとなっており、ヘルスプレイを要求されないことから、肉体的にも精神的にも負担は小さいです。ただ、歩合給は普通のファッションヘルスより少し抑えられているため、高収入を目指す人向きではありません。

たくさん稼ぐならSMクラブやソープランド

もしも、たくさん稼ぐことを目的とするなら、SMクラブやソープランドがオススメとなっています。これらは、1時間あたりの歩合給がファッションヘルスよりも高くなっているため、かなりの高収入を目指すことも可能です。ただし、これらのジャンルの風俗はそれなりの負担を強いられますし、初めての人が働くにはハードルが高いことも事実です。

まずはどの部分を重視するかを考える

風俗で働くにあたって、稼げることを1番の目的にするのか、負担の少なさを優先するのか、安全面や働きやすい環境を第一に考えるのか、どの部分を重視するかを考えた上で、自分に合ったジャンルを選ぶようにしましょう。

稼げるかどうかは基本的に自分次第

風俗の仕事と言えば、やはり高収入を稼げることが大きな魅力でもあります。ただ、どれぐらいの金額を稼げるかは基本的に自分次第となりますし、とてつもない収入を得ている人もいれば、思うように稼げていない人がいることも事実です。

ほとんどのお店が歩合制となっている

多くの仕事は時給制や日給制、あるいは月給制を採用していますが、風俗の場合はほとんどのお店で歩合制となっています。したがって、どれぐらい稼ぐことができるかは本人次第ですし、高収入を目指せるかどうかも自身の頑張りによって左右されます。

お店によっては、待機保証があったり出勤手当があったりして、最低限の給料はもらえるケースも多いです。ただ、あくまでそれは保証に過ぎないので、しっかりと収入を得るためには歩合の方で稼がなければなりません。

どうすれば多く稼ぐことができるのか

風俗で少しでも多く稼ぐためには、1人でも多くのお客さんから指名をしてもらい、接客する時間を増やすことが重要となります。ただ、毎日のように勤務できるわけではないでしょうし、学生や社会人であれば出勤できる時間や日数も限られるでしょう。

だからこそ、1人1人のお客さんに対してしっかりとおもてなしをしてあげて、自分の常連になってもらえるよう努めていくことが大事となります。そうすれば、限られた勤務時間でも十分な収入を得られるようになります。

自分に合った環境で働くことも大事

風俗のジャンルであったり、お店の雰囲気や他の女の子との人間関係などによって、働きやすいか働きづらいか変わってくると思います。風俗で稼ぐためには、自分に合った環境で働くことも大事となってくるので、自分に合わないと判断したら別のお店で働いた方がいいでしょう。

体験入店システムで実際に働いてみる

風俗で働きたいと思っても、躊躇いを持つ人も多いでしょうし、本当に自分に向いているのか不安な人もいるかもしれません。そんな時は、まずは体験入店として働いてみて、その上で正式に勤務するかどうかを判断するのもいいでしょう。

多くのお店が体験入店システムを採用している

札幌の風俗求人を見てみると、多くのお店が体験入店システムを採用しているのが分かります。やはり、この業界で働くことに不安を持つ人も多いですから、まずは体験入店として働いてみることで、自分に合っているかどうかを判断することができます。

もちろん、もし自分には向いていないと思ったのであれば、その日限りで辞めても一切問題はありません。また、その日に判断することが難しいのであれば、何日か考えた上で結論を出しても構わないのです。

体験入店でも給料はちゃんともらえる

体験入店であっても働くことに変わりはありませんから、ちゃんと給料の方はもらうことができます。むろん、体験だからこと言って歩合率が下がることはないため、もし料金の半分を歩合給としてもらえるのであれば、その分だけしっかりと受け取ることができます。勤務が終わったその日に給料がもらえるので、すぐにお金が必要な人にとっても体験入店は有難いシステムだと言えます。

複数のお店で体験入店をしてみるのもいい

もしかしたら、最初に働いたお店よりも、もっと自分に合った環境や条件で働ける求人が見つかるかもしれません。そのため、複数のお店で体験入店をしてみるのもいいですし、その中から最も自分に適したところで働くのもいいでしょう。特に、ある程度長い期間風俗で働くつもりなのであれば、じっくりと検討していくのが望ましいです。